ガルボトップへ Exciteホーム | Woman.excite | Garboトップ | Womanサイトマップ
高等ホテルの、ジャパン・テイスト
b0053082_0122695.jpg

先週、24日に発売となったのがランティエ7月号
発行は、あの角川春樹事務所(!)。
「ランティエ」とはフランス語で「高等遊民」という意味だとか。

ここでは日本の高級ホテルにおける「ジャパン・テイスト」について執筆を。
わたしの担当は、東京ではマンダリン オリエンタル東京ザ・ぺニンシュラ東京
ホテルニューオータニ「エグゼクティブハウス禅」グランドプリンスホテル高輪
京都はハイアットリージェンシー京都
大阪ではリーガロイヤルホテル

いつもならホスピタリティというソフトのサービスに視点を向けますが、
今回は「ジャパン・テイスト」という切口でスペックにフォーカス。
どのホテルもゆるぎない哲学、コンセプトをデザイン性にも注ぎ込んでいるので、
こういう味わい方も面白いものです。

高額になる宿泊ではなくてもカフェやランチ、バーなどを利用しながら、高等ホテルで楽しむジャパン・テイスト。

巻頭特集の「別世界の一泊二日」もなかなかに旅心を誘います。
我が友人であるMカメラマン氏が撮影担当。

あわせてどうぞ、お楽しみください。




by naoko_terada | 2008-05-22 00:30 | 掲載メディア | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://naoterada.exblog.jp/tb/8677194
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by hedbanking at 2008-05-29 22:28
こんばんは(●^o^●)お忙しそうですね。
高等遊民ですか^^;俺には・・・><です。
しかし、大阪行った時にリーガロイヤルホテル大阪の中に入って
???自分の格好を再確認(~_~;)あ~~~場違いだ。
エレベータの中も雰囲気のある証明に金色・・・アンティークの椅子や
机が置いてあり・・・^^;あの金色ってのは・・・高級感が滲み出ていて
(●^o^●)
でも、フェラーリ見て・・・雰囲気堪能して出てきました。
寺田さんなら、エレガントだし溶け込む事でしょうね(*^_^*)
でも、俺とは見る観点が違いますね^^;どんな観点で記事を書くんでしょう~見てみます(●^o^●)ランティエ早速明日にでも==3

梅雨時期でジメジメしたり大変ですが・・・頑張って下さい。

では、また来ます~
Commented by naoko_terada at 2008-05-31 03:29
hedbankingサマ

え、フェラーリって何?
リーガロイヤルにおいてあるのでしょうか。
知りませんでした。

リーガの中で一番気に入ったのは、「リーチ・バー」。
レトロな雰囲気と歴史を残し、老舗ならではのバーと感じました。
バーテンダーの正統的なサービスもすばらしいです。

次回、ぜひ。
ちょっとおしゃれして行ってみてください♪
Commented by ぽち at 2008-05-31 08:40 x
直子サマ、おはようございます。

先日、リーガ大阪に隣接する国際会議場へライヴへ行ったので、久々にリーガを覗きました。
大阪人の中では未だに「ロイヤル」と呼ばれて親しまれていますが、リノベーション後は素敵になりましたよね。
人気結婚式披露宴ホテルでは、リッツに追い抜かれた感がありますが、昔からの大阪のいわゆる「エエとこの子」は慣れ親しんだロイヤルを好む傾向も強いと思います。
古臭さは払拭しながらも、老舗の風格を残した、深みのあるホテルになったなぁと感じます。

以前の記事で書かれていたチョコレートも19時CLOSEで買えませんでしたが、ディスプレイはしてあり「何、これ~!?」と通る人たちも皆さん興味深げでした。

ゴールデンウィークはヴェルサーチホテルへ行ってきました。
アジアンリゾートとは異なった優雅さを堪能してきました^^
でも、ホスピタリティは、アジアンリゾートには叶わないと感じたのは、私がアジア人だからでしょうか・・。
他にはワイナリーにも行き、我が家のセラーはオージーワインで満杯です(笑)

Commented by naoko_terada at 2008-05-31 16:53
ぽちサマ

「ロイヤル」と呼ぶのですね。
さすがロコ情報。
おぼえておきます♪

たしかに最近のスタイリッシュなホテルではないですが、これこそがニッポンのホテル文化なのだと再確認しました。
すばらしかったのは、取材に応対してくれたホテルマンのみなさんの、熱い「ロイヤル」へのホテル愛とプライド。

大阪ホテル文化を教えていただく良い機会になったと思っています。
これからも応援したいホテルのひとつですね。

ゴールドコーストのヴェルサーチ。
わたしも数回、滞在しましたが、たしかに「ゴテゴテ感」がなく。
いい意味で期待を裏切ってくれました(笑)。

シロメはわたしも大好きなワイナリーです。
あそこのスパークリングレッドは特筆ものですよね。

ところで、なぜ、Sirromet という名前なのか、
お聞きになりましたか(笑)?

<< 南九州から、ウワサのあの人が リッツ・カールトンが映画を作る... >>





woman.excite TOP Copyright © Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - 会社概要 - ヘルプ | BB.excite | Woman.excite | エキサイトホーム