ガルボトップへ Exciteホーム | Woman.excite | Garboトップ | Womanサイトマップ
そろそろ・・・
ブログにもカムバックしないと、ですね。

でも、もう少し。

今さらながら、文章の難しさ、正しき日本語の大切さを痛感しております。
それに、結構、重要なのがリズム感。
そして、自分ならではの文体の個性、あるいは魅力。

誰かが、「文章を書くということは考えること」と、どこかで言っていたけれど、
まさしく、その通り。

小難しい言葉を操ったり、自己主張だけの文章にはしたくない。

軽妙洒脱にして、時にちょっと重心低め。
日本語の美しさをたたえ、起承転結により、みごとにフィニッシュする、
誰もが読めて、誰もが納得する文章。

五感を文章に変換する装置が、わたし。

バッテリーチャージして、がんばりましょう。


PS.
コメント送っていただいたハッピー・トラベラーの皆さん、ありがとうございます。
お返事はしてないですけど、全部、ありがたく読んでます。
時にはそちらにおジャマもしてますよー。

ありがとー!
by naoko_terada | 2006-05-11 02:09 | その他 | Trackback | Comments(8)
トラックバックURL : http://naoterada.exblog.jp/tb/4631289
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by koharu827 at 2006-05-11 14:58
こんにちは~
五感を文章に変換する装置が、寺田さん。  うんうん(^_^)
バッテリーチャージして、がんばりましょう!  
ワタシもがんばりますぅ~~。。
Commented by stutiyi at 2006-05-12 21:56 x
直子さま、こんばんは。
話すこともですが、
書くことって、後に残って、また見直す機会があったりするので、
始末が悪い(笑)・・・いえ、難しさも楽しみもありますね。
(私の場合は、仕事ではないので、共感・・・とは違うのでしょうが)

バッテリーチャージ・・・昨年の下駄の出番は、近いですか?

Commented by zonnebloem at 2006-05-13 01:21 x
あぁ、わかります・・・。
文章って人柄がでますよね。誰でも文章は書けるし言葉も使うけど、だからこそ魅力ある「誰もが読めて、誰もが納得する文章」を書ける人が求められているのでしょうね!
私もバッテリーチャージして頑張ります!
Commented by naoko_terada at 2006-05-17 08:21
こはるサマ

こんにちは。
はい。
バッテリーチャージと称して、美味しいものを食べてきました。

再度、がんばりますね。
Commented by naoko_terada at 2006-05-17 08:24
stutiyiサマ

下駄、おぼえていてくださってましたか。
はい、もうすでに活躍中です。

今年はもうひとつ、ちょっと少しシックなタイプが欲しいかも。
お買物も、元気をリチャージしますよね。
Commented by naoko_terada at 2006-05-17 08:28
zonnebloemサマ

文章ってね、本当に難しい。
今、岡本太郎の「日本の伝統」という文庫本を読んでいるのですが、
彼の文章がすばらしく研ぎ澄まされていてスゴイ!

でも、日本語は本当に美しいものです。
Commented by zonnebloem at 2006-05-17 21:23 x
寺田さん、
私もちょうど「日本の伝統」を今読んでます!銀閣寺の銀沙灘のくだりです。ビックリして思わず書き込みしてしまいました(笑)

岡本太郎さん、作品もエネルギッシュで好きですが、私は彼の文章(考え方、ものの見方も含め)にとても魅力を感じてます。爆発だ!と叫んでる印象が強かったので、初めて彼の本を読んだときは「うわ~この人すごくまともな人なんだ!」といい意味で衝撃を受けました(笑)

私も日本語、大好きです。響きや造形もいいですよね。
美しい日本語を操れるように、これからも先人達に学ぼうと思います^^
Commented by naoko_terada at 2006-05-18 01:56
zonnebloemサマ

えー、本当ですかぁ?
偶然だねー。
すごい。

私はまだ光琳のへん。
じっくりと語感、言葉の持つ力強さ、意味を噛みしめながら読んでいるので、ゆっくりなのです。

岡本太郎は日本の誇る偉大なクリエイターですよね。
私も本読むまでは、ヘンなおじさんだと思っていました。
でも、この本を読んで、なぜ、「太陽の塔」を作ったのかわかった気がします。

でも、プロフィールの顔写真、やっぱりコワすぎ(笑)。
<< ワイン、カレー、東京タワーの夜 葉山の、こみち >>





woman.excite TOP Copyright © Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - 会社概要 - ヘルプ | BB.excite | Woman.excite | エキサイトホーム