ガルボトップへ Exciteホーム | Woman.excite | Garboトップ | Womanサイトマップ
新春は、浅草歌舞伎!
b0053082_2181436.jpg
b0053082_2183356.jpg

1月3日、浅草へ。

2006年最初のイベントは、晴れやかに新春浅草歌舞伎から。

場所は浅草公会堂。
まずは、浅草寺に初詣へ、と思ったのですが、
これがものすごい人。
なので、お参りは後まわし。

実は歌舞伎をきちんと観るのは初めて。
銀座で時間ができた際、ふらりと「一幕見」をしたり、
海外公演を取材したことはあったのですが、今まで機会がなく。

いいですねぇ。
晴れやかで、華やかで。
能とはまた異なった日本の大衆文化。
見得(みえ)をきった際にかかる、「中村屋っ!」、「萬屋(よろずや)っつ!」の声もいい。

今回の演目は、仮名手本忠臣蔵、そして蜘蛛絲梓弦(くものいとあずさのゆみはり)。
中村獅堂、中村勘太郎、七之助など注目の若手が登場。
ひとりひとり個性があり、観ていて実に楽しいものです。

目を見開き、口元もキリリと、型が決まる。
惚れ惚れするほどに格好がいい。
見得をきった役者に凛々しさを感じるのは、きっと日本人のDNAのせい。
そんな気がしてきます。

ただ、やはり料金がちょっと高いですね。
今回は8500円だったのですが、歌舞伎座になれば1等席は1万5000〜2万円。
なかなか気軽に観られません。
ニューヨークやロンドンのシアター街には、
当日売れ残った席が半額で買えるブースがあります。
そういうシステムがあれば、
若い人や海外からの観光客の方も、もっと気楽に観劇できるはず。
でも、3階席の一番安いものなら3000円前後。
まずは、このあたりで雰囲気だけでも楽しんではどうでしょう。

終幕後は、夜の7時。
公会堂を出て、浅草寺へ。
まだ人混みはありますが、さきほどのような混雑ではないので、
ここであらためてお参りに。

観劇後の高揚感に浸りながらも、姿勢を正して願をかける。
日本の正月は身も心も引き締めてくれます。


「こいつぁ、春から縁起がええわぇ」
by naoko_terada | 2006-01-09 22:28 | 日本 | Trackback | Comments(12)
トラックバックURL : http://naoterada.exblog.jp/tb/4010617
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by angel-hokkaido at 2006-01-10 11:27
歌舞伎はいちど見てみたいと思いますが、やっぱり料金がネックですね。舞台にしろコンサートにしろ連日ライブで演じるのは大変なことだと思うので単純に安くしろともいえないですけど、自分にとっては出せる金額ではないなと。
相撲も似たような感じですね。いちど見ておきたいとは思いますが、とりたてて好きなわけではないし、自分でチケット買って行こうとは思わないですね。
Commented by こはる at 2006-01-10 12:09 x
こんにちは、寺田さん♪
歌舞伎いいね~! 一度でいいから観てみたいな~!
時間も長いのね~。 
そうそう、ロンドンのシアター街には、当日売れ残った席が半額で買えるブースがあるよね。
そうだといいのにね。
お安い席でも充分楽しめそうだよね♪  いつか観てみたい!

Commented by amamori120 at 2006-01-10 23:14
正月早々いいイヴェントを愉しまれましたね。
歌舞伎は取っつきにくいと言われますが、”様式美”の魅力、堪りません。
Commented by naoko_terada at 2006-01-11 23:21
angel-hokkaidoサマ

きっとそう思っている方は多いと思います。
学割はあるのですが、こういう日本の文化って社会人になってから
観たくなるものですしね。
でも、ライブで観ると「本物」というものの崇高さを実感します。

機会があればぜひ一度!
Commented by naoko_terada at 2006-01-11 23:27
こはるサマ

そう、ロンドンありますよね。
NYならオフ、オフオフ。ロンドンならフリンジ。
ブロードウェイ、ウエストエンドの最頂点のシアターまでいかない
作品ならぐっと格安ですし。
でも、そんなアングラな劇場で、二コール・キッドマンが主演はってたり、
などというお楽しみがあったりするからおもしろい。

わたしはねー、「ブルーマン」という超ロングランのパフォーマンスが
大好きなのです。
Commented by naoko_terada at 2006-01-11 23:30
amamori120サマ

歌舞伎、お好きですか。

まさに「様式美」の、美学ですよね。
わかりやすい演目を選べば、理解しやすいですし。
イヤフォンガイドもありますからね。

テレビやDVDでは感じられない臨場感も、いいですね。
Commented by こはる at 2006-01-12 11:58 x
こんにちは~、再び参上!
「ブルーマン」?  どんなパフォーマンスなん?
Commented by naoko_terada at 2006-01-12 17:02
こはるサマ

「ブルー・マン」。
http://www.blueman.com/
楽しいのよ~♪
全身ブルーでペイントした男性が登場、言葉をいっさい発しないので
英語がわからなくてもOK。
わたしはオフブロードウェイで観たのですが。
非常にCool !

日本でもやらないかしらー。
Commented by こはる at 2006-01-13 01:03 x
>楽しいのよ~♪
 
ほんと楽しそうだ~。。。観てみたい~~。。。
日本でもやらないかしらー(^o^;)
Commented by ツッチー at 2006-01-13 22:14 x
もう30年ほど前に歌舞伎好きの夫の両親と仲人さんを招待して
歌舞伎座の桟敷席で観た事がありますが・・・
私は当時は全く興味がなくて、もう少し勉強してから臨めばよかったと後悔したものでした。
今観たら、きっと楽しめると思うのですが・・・
Commented by naoko_terada at 2006-01-15 17:07
こはるサマ

でもねー、実はサプライズがあるのです。
楽しいのだけれど、
・・・・・。
人によっては楽しくないかも(笑)。
理由は、ヒミツ。
観てのお楽しみですー♪
Commented by naoko_terada at 2006-01-15 17:11
ツッチーさま

桟敷席。
憬れますねー。
昔、中学生の頃、歌舞伎や能鑑賞に行かされましたが、
こういうものって自分が観たくならないかぎり、
楽しめるものではないと思います。
芸術ではなく、大衆芸能といった気軽さで楽しみたい。

30年ぶりの歌舞伎も、いいかもしれませんね。
<< コアラ、大好き! Happy WONderful... >>





woman.excite TOP Copyright © Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - 会社概要 - ヘルプ | BB.excite | Woman.excite | エキサイトホーム