ガルボトップへ Exciteホーム | Woman.excite | Garboトップ | Womanサイトマップ
バリでの追悼セレモニー、そしてクニンガン
b0053082_2321355.jpg
b0053082_23215384.jpg

10月12日。
この日はバリに住む人たちにとって決して、忘れられないだろう。

3年前のこの日、テロによる爆発事件が起こり、202人が死亡。
その慰霊のセレモニーが今年も行われました。
場所は現場に建てられたモニュメント前。
夕方の開始時間には地元、外国人観光客と多くの人たちが集合。
今回は、10日前に再びテロによる爆破事件があり、日本人を含む23人が亡くなった。
その新たな哀しみも込められています。

ヒンドゥー教徒による祈りの唄、中国風ドラゴンダンス、「イマジン」の合唱など、
おごそかに、でもなごやかで温かみのあるセレモニーは、
参加した人たちの心に深く、深く、大切な想いを伝えてくれる。
バリを愛する人たちと共に、このかけがえのない時間を共有できて、本当によかった。

トーチに灯りがともり、キャンドルをかかげてのフィナーレ。
続いてレゲエバンドの登場と、最後はみな総立ちの大盛り上がり。
州警察本部長も踊りだすほど。
こんなところがバリらしくて大好きです。

おりしも、この時期、日本のお盆のようなガルンガンとクニンガンにあたり、
家々の脇には、ペンジョールと呼ばれる竹細工が飾られています。
ガルンガンは、善が悪に勝つとされるバリ・ヒンドゥーの行事で、
各家庭でさまざまな祝いごとが行われます。
そして、その10日後に訪れるクニンガンでは、ペンジョールに導かれて
先祖たちが舞い戻ってくると信じられています。
本来ならお祭り気分で浮かれる時期ですが、
再び起こったテロがバリの人々に与えた影響は大きい。

でも、悲しいけれど怒りを沈め平和を神に祈り、前向きに暮らすだけ。
それがバリニーズの考え方。
彼らはそうやってきた。

アメリカでのハリケーン被害に続き、パキスタンの大地震。
平和を求めるのはバリだけではありません。

クニンガンの日、
地上に舞い戻ってきた祖先の霊は、平和と幸せを残して
再び天界へ帰るという。

それを、信じてみたいと思う。
by naoko_terada | 2005-10-16 00:25 | その他 | Trackback(1) | Comments(10)
トラックバックURL : http://naoterada.exblog.jp/tb/3628431
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from とりあえず。 at 2005-10-17 15:36
タイトル : 【Bali】~クウキ~
もう10年・・経ったのかな・・・「バリ旅行が流行っていた頃に行った女性達があの頃の事を思い、また旅している」・・・友人から聞いた話海外旅行なんて二十歳の時に行った以来の2度目の事20代ではあったが、もうワカクは無い年でもねやさしく接してくれる男の子たちそして働きものでシャイな女の子たちあの・・・特有の湿気・暑さ彼らそのもの土ぼこり・スコール・夕日・山の深緑・・・木陰コントラスト網膜には音のように飛び込んでくる瞼を閉じてさえも中途半端な年齢と重なって見たコト味わったモノ聞いたコトバ触れたもの体験した全て...... more
Commented by こはるびより at 2005-10-16 14:52 x
そうですね、信じてみたい。
Commented by stutiyi at 2005-10-16 15:56 x
これまでに先人たちが紡いできたように、
私たちも次へと 繋いでいかなくちゃなりませんね。

破壊者たちが、「幸せ」へと戻れますように。
そうして、「被害者」が生まれませんように。
Commented by naoko_terada at 2005-10-16 23:54
こはるびよりサマ

昨日がクニンガンでした。
平和と幸せを残していってくれたことと思います。
Commented by naoko_terada at 2005-10-16 23:55
stutiyiサマ

スマトラの津波、アメリカのハリケーン、パキスタンの地震と
天災による被害も甚大ですが、
憎むべき人災であるテロによる被害は違った意味で、
とても大きなこと。
そう思っています。
Commented by こにゃ at 2005-10-17 15:58 x
はじめまして。いつも楽しく読ませてもらっています。

あの島の皆の笑顔なら・・・きっと!
Commented by naoko_terada at 2005-10-18 01:34
こにゃサマ

はじめまして。
初コメントありがとうございます。

そう、バリ、というかアジアの人はみんな前向きでたくましいもの。
大丈夫!
でも、その大丈夫を少しでも早く実現させることができるのが、
わたしたち観光客なんですよね。
Commented by hameji8 at 2005-10-18 09:51
TBにコメントありがとうございました。
テロ直後のバリですか。
インドネシアといえば、昨夏、ビンタンに行ったので
ちょっと感じるものがあります。

しかし、旅に生きる人生とは、うらやましい。
これからも、読ませていただきます。
Commented by carambola at 2005-10-20 14:28
お帰りなさい.
悲しみを受け入れ,乗り越えていこうとするバリの人々の姿には
感動とはちょっと違う,複雑な気持ちを覚えます.
善も悪も,陰も陽も受け入れるバリ人だからこそ
こういった痛ましい事件をも受け入れ,前へと進むエネルギーに
変えていけるのかも知れません.

それにしても,セレモニーの最後がレゲエって(笑)
州警察本部長まで踊り出すとは,さすがバリです!
頑張れバリ!
Commented by naoko_terada at 2005-10-21 00:00
hameji8サマ

バリはいいですよねぇ。
ただ、ガソリンが倍になるなど物価が急に高くなり、
庶民の生活はかなり大変です。
リゾートもちょっと増えすぎ、かな?

ビンタンって、インドネシア語で「星」という意味なのですよ。
お泊りはクラブメッド、バンヤンツリー?
Commented by naoko_terada at 2005-10-21 00:05
calambolaサマ

今、実は香港(笑)。
バリから戻って、翌々日にこちらへ。

プマンク(高僧)が言ってましたが、
「我々の祈りが足らなかった、だからこんな悲しい出来事が
起きたのだ」と、というのが彼らの考え。
深いですよね。
私たちにはなかなか言えない言葉だと思います。
でも、この信仰の深さが、彼らの生活の基盤。
羨ましくも思います。

でもって、それで最後はレゲエなのですよ(笑)。
これがバリですよね。
<< ジャストオープンの、フォーシー... バリへの、メッセージ② >>





woman.excite TOP Copyright © Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - 会社概要 - ヘルプ | BB.excite | Woman.excite | エキサイトホーム