ガルボトップへ Exciteホーム | Woman.excite | Garboトップ | Womanサイトマップ
バリへの、メッセージ
b0053082_1545779.jpg

3年前、バリ島でテロによる爆破事件があった際、
わたしは、自分がプロデュースするバリのガイドブック制作の真っ最中だった。
あと少しで、形になり書店に並ぶという段階でのできことだった。

爆破現場となったクラブやレストランも掲載物件のなかに入っていたため、
内容は差し替えとなり、発行も遅れた。

余分な手間や時間がかかったなどということはどうでもよかった。
それよりも、取材のカメラに向かって笑顔で写る
店のスタッフたちの写真を紙面から削除するときに感じた、やるせない気持ち。
この中に犠牲となった子たちがいるのか、と思ったときの哀しみと怒り。

それはずっと心に残っている。

そして、爆破事件後から2ヶ月後、
視察のために訪れたバリは閑散とし、日本人の姿もほとんど見られない
そんな状況だった。
写真はその際に撮った、クタの爆発現場。
今では壮麗なモニュメントが立っているが、当時はまだ爆発のすごさを物語るまま。
地元のバリニーズの祈りの跡、
犠牲となった人たちの家族、友人が置いた花が残っているだけだった。

真っ白な垂れ幕に書かれていたのは、

We love Bali

そして、さまざまな人たちが残した愛する人へのメッセージだった。

今回も大勢の犠牲者がでた。
7月のロンドンの爆破事件の際もそうだったが、
テロという行為への怒り、憤りは限りなく深く、強い。

でも、わたしはこの怒りを誰かに向けたりはしない。
それによって解決することはないから。

今は静かにバリに想いをはせ、悲しみをわかちあうだけだ。
by naoko_terada | 2005-10-03 16:15 | その他 | Trackback | Comments(16)
トラックバックURL : http://naoterada.exblog.jp/tb/3565747
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by amamori120 at 2005-10-03 17:32
次女夫婦が新婚旅行でバリを訪れたのは、恰も3年前の事件のホンの少し前のことでした。 
だから今回の事件にもショックを受けました。
誰に、この怒りをぶつければいいのか?
Commented by ツッチー at 2005-10-03 20:57 x
私がバリを訪れたのは去年の夏の終わりごろです。
その前後からバリを愛する人たちともネットで知り合いましたが、
みなさん一様に怒りというより、バリのこれからのことを心配しています。
ようやく3年前のテロから観光客ももどり、落ち着いてきたのに・・・
Commented by typeB-plus at 2005-10-03 22:12 x
どうしてバリ?
意味なく命を奪われることに怒りが抑えられません
簡単なはずの認識が一番難しいなんて…
人の命の尊さ…
Commented by naoko_terada at 2005-10-04 14:05
amamori120サマ

3年前のテロの後、
バリのある人はこう言っていました。

「テロリストを憎むことはしません。その想いはカルマ(業)となって、
自分に戻ってくるから」と。

怒りの連鎖はどこかで断ち切らなければ、
いつまでも続いていくのでしょうね。
Commented by naoko_terada at 2005-10-04 14:07
ツッチーさま

バリは本当に神がかった場所です。
どんな困難も乗り切っていくでしょう。
でも、今回のテロの詳細がわかるにつれ、
犯行者(たち)に、怒りではなく哀れさを感じます。
Commented by naoko_terada at 2005-10-04 14:13
typeb-plusサマ

人の命よりも大切なものなどない、そう、思うのですがね。
自分の命も含めて。

犯行現場は、どちらも観光客、地元の人たちが幸せな時間を
過ごす場所です。
彼らの人生を奪う権利は誰にもありません。
Commented by seabreezecafe at 2005-10-05 19:48
今回は新婚旅行で訪れていた方々が被害に遭われてしまったとか。
各地で起こるテロ事件、本当に私もやるせない気持ちになります。


Commented by こはるびより at 2005-10-06 13:48 x
どうしたら、こうゆう争いごとがなくなるんかな・・・。
なんだか悲しくなるよね~。
平和であってほしいよ。
Commented by carambola at 2005-10-06 14:11
まさに一ヶ月ほど前に行ったジンバランのBBQCafeが
今回のテロの現場になりました…
あの時コミュニケーションを取ったスタッフや
陽気な音楽を奏でていたカルテット,
幻想的なキャンドルの光が揺らぐビーチは
どうなってしまったのでしょう.
私のブログに,アルバムに収められている人々や場所が
傷つけられたかと思うと,何とも言葉が出てこなくて
ただただ鼻の奥がツンッ…と痛くなります.

自分たちの願望を押しつけるが為に無関係な人々に危害を加える.
そんなことがあっていいわけ無いのです.
バカヤロウ!と叫びたいです.
Commented by naoko_terada at 2005-10-06 18:58
seabreezecafeサマ

来週12日は前回の爆破事件の3周年です。
現場では厳かにセレモニーが行われます。
日本人の方も含め、すべての犠牲者を思うとせつないです。
Commented by naoko_terada at 2005-10-06 18:59
こはるびよりサマ

みんなそう願っていると思うのですが。
人、宗教によって「平和」の意味が違うのでしょうか。

わたしには理解できません。
Commented by naoko_terada at 2005-10-06 19:05
carambolaサマ

ジンバランで犠牲になったインドネシア人の女性は、
旅行関係で働く日本人のご主人と一緒にいた方です。
わたしの友人の知り合い、というとても身近な存在でした。

あのゆるやかで美しい時間、場所で
テロという行為を行えることが理解できない。

なぜ、テロを行う側であって、テーブルを囲む幸せな人々の側の
人間でいられないのか。
Commented by Goa at 2005-10-06 21:43 x
テロという卑劣な手段を決して許すわけには参りません。
でも、9.11の時には心のどこかで快哉を叫んでしまったのは私だけでしょうか。

幸せな人々の側に立てば、ついついセンチメンタルになります。
身内に該当者がいれば、涙も流れますし、バカヤロウとさけびたくなります。
でもそのことが次のテロの芽になっているかもしれません。

幸せ側の人たちは、幸せであり続けるために、貧しくて不幸な人たちを痛め続けなければ、自分たちの幸せはつかめないのではないでしょうか。

豊かな大地で暮らしていた人々が、いきなり土地を奪われ、人権を奪われてきました。今も続いています。幸せ側がもっと豊かになるために。
私たちの意識を変えない限り、このことはず~と続きます。
テロが無くなることはありません。

そんな思いを懐にしまって旅をしたいですね。
初めまして。ですが、失礼を申し上げました。
旅行記を楽しみにしております。今日初めて拝見しましたが。楽しい旅行記でした。
有り難うございます。
Commented by stutiyi at 2005-10-07 23:36 x
スリランカはじめ津波被害の地域 については、
かなり設備・対策が進んできている今、
「また観光に行こうよ! それが復興への協力だから。
 困った時は、お互い様だよー」と思えますが、

このように、気をつけようのない被害が度重なって起こってしまうと、
「ここの方々とどんな助け合いをしたらいいんだろう??」と
考え込んでしまいます。

次回のお写経でも、世界の平和を祈る
・・・ということしか思いつきません。
Commented by naoko_terada at 2005-10-08 23:34
Goaサマ

はじめまして。
コメントありがとうございます。

テロという卑劣な手段を決して許すわけには参りません。

これに尽きると思います。
その「許さない」ためには、どういう行為が伴うのか。
制裁か、報復か、それとも教え説くか。

テロがいかに無意味なことかを伝えるには、
どうしたらいいのでしょうね。

バリは今、日本のお盆にあたる時期です。

まだ、地元ではテロの可能性があるとされています。
祖先の霊が戻るこの時期、静かに平和に過ごしたいものです。
Commented by naoko_terada at 2005-10-08 23:43
stutiyiサマ

そう、被害は被害でも
天災と人災ではまったく異なります。
さすがにテロの危険がある場所へ、「ぜひ、観光へ!」
とは言えません。
でも、「行くな」とも言いたくない・・・。
この世界で危険ではない場所、国などはないのですから。
時期、状況を考えて、バリには戻ってほしいと願います。
<< バリへの、メッセージ② リバーダンス公演チケット、スリ... >>





woman.excite TOP Copyright © Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - 会社概要 - ヘルプ | BB.excite | Woman.excite | エキサイトホーム