ガルボトップへ Exciteホーム | Woman.excite | Garboトップ | Womanサイトマップ
フランス ローヌ・アルプ グルメ旅⑦ モンブランの絶景を望む保養地、ムジェーブへ
b0053082_21115246.jpg

まだまだ続いているフランス・ローヌアルプのグルメ紀行です。

アヌシーから、わたしたちが向かった次の場所はムジェーブ
シャモニーと並ぶモンブランを望む高級リゾート。
特にスイス同様、冬は富裕層の社交場となります。

b0053082_23115721.jpg

まずは、ムジェーブの観光局の粋なはからいで、なんとセスナでモンブラン遊覧飛行を!

b0053082_23235788.jpg

なだらかな山肌を利用した雪上の滑走路をふわり、と軽やかにテイクオフ。
スイス側とは異なるムジェーブからの山並みがぐんぐん近づいてきます。

b0053082_23245247.jpg

山の持つ気高さ、神秘性。
それゆえに、多くのアルピニストを魅了するのでしょう。
孤高の雪を抱いたモンブランは、ただただ美しい。
最初こそ写真を撮りまくってしまいましたが、それも途中でやめ。
自分の眼でパノラミックな眺望を心に焼きつけます。

b0053082_23282427.jpg

操縦席にはかなりイケメンなパイロット。
こちらは目の保養と旅先でのイケメンコレクション用にパチリ。

神さま、ありがとう。



b0053082_21263695.jpg

ところで、わたしたちが訪問した1月末。
ちょうど、恒例の雪上ポロ大会が催されていました。
雪上ポロなんて、見るのは初めて!
優雅かつ、迫力ある試合が目の前で展開。

b0053082_2128263.jpg
b0053082_21284591.jpg

冬のアルプスリゾートに欠かせないのが、たくさんの美女と毛皮、そしてワンちゃん。
上の子は、マダムがポロ観戦に熱中していて、ぶるぶる震えて寒そうでちょっとかわいそうでした。

b0053082_23161885.jpg

VIP用のテントも簡易とは思えないラグジュアリーさ。
シャンパンやワインが開き、ご招待客のセレブたちもさすがの貫録。
外にはポロ優勝チームへのトロフィーと賞品。
ハイブランドの包みやシャンパンが無造作に置かれっぱなしになってます。
ひー。

b0053082_23183169.jpg

このテントでいただいたランチも本格的なコース。

b0053082_23304883.jpg

このナッツたっぷりのオペラのようなデザートもとても美味しかったです。
ワインは南アフリカのルパート&ロートシルト。


b0053082_2337471.jpg

午後は、ムジェーブの街を散策。
高級ブランドのブティックなどが並ぶ保養リゾート地ですが、牧歌的なただずまいで愛らしい。
夏には森と山に囲まれたサマーバカンススポットとしても人気で、別荘族のためのコテージも数多く点在します。

ムジェーブが高級保養地になるきっかけとなったのが、実はあの大富豪ロスチャイルド(ドイツ語発音はロートシルト)家。
この地を気に入り山荘を建築。
それ以降、景観を保ちつつ、ハイクオリティの保養地としてゆっくりと知名度をあげてきました。
前述のポロテントで供されたワインがロートシルトだったのも、こういった背景があったからなんですね。

b0053082_23531179.jpg

政観のスタッフが、「ぜひ、見せたいものがあるので」と寄り道してくれたのが、ムジェーブを代表するホテルのひとつ、オテル・モンブラン
ここは、ジャン・コクトーが愛した宿で、彼直筆の壁画がレストランに残されています。彼はこれをわたしたちに見せたかったのです。

b0053082_23583876.jpg

その後、街の中心から少し離れた見晴らしのいい山の途中へ。
ムジェーブの農産物を使ったグルメ商品をそろえたショップ兼レストランのLa Ferme de Josephです。

b0053082_044816.jpg

山小屋スタイルの店内にはコンフィチュール、オリーブオイル、ワインなど。かわいらしいパッケージで、お土産にも最適なものがズラリ。

b0053082_051692.jpg

シャルキュトリーと呼ばれるハム、ソーセージ類や、チーズも目移りしそうなほどの品ぞろえと、食欲をそそる美味しそうなお姿。

b0053082_0163345.jpg

2階はこんなステキなレストラン。
ここで、一階にある商品を味わうことができます。
ユニークなのは、ガラス越しに牛舎が見えること。逆の窓からはムジェーブの街並みが見渡せます。

残念ながら、わたしたちはちょこっと作り立てのアイスクリームをいただいただけ。

なぜならば、この夜はムジェーブを代表する3つ星レストランでのディナーが待っていたからなんです。
by naoko_terada | 2013-05-20 00:22 | トラベル | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://naoterada.exblog.jp/tb/20464163
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< フランス ローヌ・アルプ グル... 大英博物館の次は皇室!? 宮家... >>





woman.excite TOP Copyright © Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - 会社概要 - ヘルプ | BB.excite | Woman.excite | エキサイトホーム