ガルボトップへ Exciteホーム | Woman.excite | Garboトップ | Womanサイトマップ
フランス ローヌ・アルプ グルメ旅③ ボキューズ・ドール2013 感動の審査結果!
b0053082_1312110.jpg

24名の挑戦者の調理が終了して、審査員が審査結果をわたします。
すべての料理を味わったシェフのみなさん、おつかれさまでした。

b0053082_1351857.jpg

会場も朝からピンとはりつめてたいた緊張感から、解き放たれます。
もちろん、ずっとカメラを構え、フィルムをまわしていた各国のメディアもそう。
審査結果が出る17:30まで一端、会場を離れます。



b0053082_2104656.jpg

ボキューズ・ドールはSirhaという食の見本市の一環として開催されています。
会場には、食材、ワイン、スイーツ、パッケージ、ユニフォーム、調理器具など外食産業にかかわるブースが出展し、関係者でにぎわいます。

b0053082_1533963.jpg

ボキューズ・ドール以外にもさまざまなコンクールが行われ、そのひとつがクープ・デュ・モンド。
国際的な製菓コンテストで、世界のパティシエが腕を競います。
会場にはコンテストで製作された飴細工が飾られていました。

今年はうれしいことに、このクープ・デュ・モンドでも、日本チームがみごと2位を獲得!
※詳細は、こちらを参照ください
上の飴細工が日本チームの作。
非常に丁寧な細工と表現力ある作品として、会場でも話題になっていました。
この熱戦も見たかったです。

b0053082_1585650.jpg

と、会場をウロウロしているうちに、ついに来ました、この瞬間が。
ボキューズ・ドール2013の審査発表です。
うわ~ん、緊張してきました。

b0053082_227437.jpg
b0053082_2275317.jpg

まずは御大、ポール・ボキューズ氏が登場。
会場はスタンディング・オベーションで偉大なるシェフを迎えます。

b0053082_229381.jpg

続いで審査員、コミッティーたち。
さすがの貫録で登場です。

b0053082_2303444.jpg

さらにサーヴをしてくれたスタッフたちが。
ここで会場からも大きな拍手が響き、彼らの誇らしげな表情が印象的でした。
おつかれさま。

b0053082_2314495.jpg
b0053082_232092.jpg
b0053082_2321037.jpg

最後に戦い抜いた24ヶ国のシェフとチームが国旗を持って登場。
会場は割れんばかりの歓声でものすごいことに。
いやがおうにも緊張が高まってきます。
こんなドラマはなかなか味わえないです。

b0053082_2455125.jpg
b0053082_246093.jpg

おまけショットはこちら♪
舞台には各国の賓客も列席。
私の目の前にいらっしゃるステキな殿方。
一瞬、「オーリー(オーランド・ブルーム)?」と思ったのですが、
こちらはスウェーデンのカール・フィリップ王子。
とってもチャーミングな笑顔を頂戴しました。
Tack så mycket!


b0053082_2161718.jpg

審査結果の前には、お約束。
いろいろと別の賞の発表と、エライ方のお話しが。笑

b0053082_2171573.jpg
b0053082_2172425.jpg

そこで舞台に登場した日本人の女性。
実は彼女は、前回の「ベスト・コミ」、つまり最優秀アシスタント賞を受賞した方。
なんと、今回、出場している浜田シェフのいるホテルブレストンコートに勤務されています。
今回はハッピ姿で応援にまわっています。

b0053082_2192242.jpg

前回の大泣きの受賞の模様がスクリーンに。
会場で少し、お話しができる時間があったのですが、とてもしっかりとした印象。大きな男性シェフの間で、とても小さな姿ですが、コミとしての存在力は大きいです。

b0053082_226357.jpg

そして、今回のベスト・コミはイギリスのクリスチャン・カーティス氏が獲得。


b0053082_2452852.jpg

すべてが整ったところで、いよいよ結果発表です。
第三位のブロンズを発表するのは、前回の優勝者、デンマークのラスムス・コフォード氏。
彼は2005年がブロンズ、2007年がシルバー。
そして、ひとつ空けて2011年にみごとゴールドを受賞した実力派。
3つの色の異なるボキューズ像を持っている貴重なシェフです。

彼が、静かに告げる。

「ブロンズは・・・」

「ジャパン!」

b0053082_32274.jpg
b0053082_324472.jpg
b0053082_331113.jpg

瞬間、わたしもカメラで日本チームを狙いながら、
思わずガッツポーズ。
シェフとチームと、大きくスクリーンに映し出された応援団に、心の中で「おめでとう」を送る。
やばい、泣きそうになる。
いままでいろいろなヒューマンドラマは見てきましたが、
このときほど感動したことはありません。
涙がこぼれないよう、一瞬、上をあおぐ。

b0053082_375799.jpg
b0053082_381148.jpg
b0053082_382496.jpg

わたしの代わりに、舞台で思いっきり号泣してくれたのがコミの坂下くん。
この瞬間を目標に、浜田シェフとコーチのもと、早朝からの厳しい特訓を耐えてきました。
日本の青年の文句なくピュアな涙に、会場からは心優しい賞賛の拍手が。

b0053082_3174630.jpg

発表は続きます。
シルバーの二位を獲得したのは、デンマーク!
ボキューズ・ドールに出るのが夢だった27歳のシェフの雄叫びと、それに呼応する応援団。

デンマークのチームへシャッターを切り、テレビカメラをまわしながらも、
メディア席がざわつき出しました。
本命とも言われていたデンマークが二位。
では、どこか一位になるのか。

この時点で、周辺ではちらほらと声が聞こえてきていました。
さすが、グルメ界を熟知したジャーナリストが集結するだけあります。

b0053082_3235376.jpg

そして、高らかに読み上げられた優秀チーム。

「フランス!」

b0053082_3251923.jpg

b0053082_3255013.jpg
b0053082_3255719.jpg

それまでよりもさらに、さらに大きなうねりのような大音響の歓声と拍手が会場を包み、「フランス」の文字がスクリーンに映し出されました。
そう、周辺のメディアたちがささやきあっていたのは、彼ら、フランスチームでした。

b0053082_329921.jpg

出来上がりを見ただけですが、フランスチームの創り上げた料理はまさにアート。美しさでは、ほかの追随を許さないものがありました。もちろん、味が大事ではありますが、多くのジャーナリストたちをもうならせる美しさであったことは確かです。

b0053082_3314654.jpg

全員、起立してフランス国家、「ラ・マルセイエーズ」が流れます。
なんだかオリンピックみたい。
フランスチームは嬉しいでしょうね。

b0053082_334521.jpg

ゴールド、シルバー、ブロンズを獲得したシェフの記念撮影。
これが、世界に配信されました。
みんな、いい顔です。
もちろん、ボキューズ氏も一緒です。

b0053082_3353937.jpg

スクリーンには審査結果が出ていましたが、ここでわたしたちは驚かされました。
肉料理と魚料理が別々にポイントされているのですが、
なんと、浜田シェフの魚料理は優勝したフランスを抜いて、ダントツ、トップの842ポイント。魚料理では、世界一の評価を受けたことになります。
すごい。
※すべての審査結果は、こちらを参照してみてください。

b0053082_3385845.jpg
b0053082_339344.jpg

授賞式が終了後、コーチと共に浜田シェフが日本の応援チームのもとへあいさつに。
おめでとうの言葉とハグでぐちゃぐちゃ。
いつもはクールな浜田シェフのこんな表情を見るのはとっても珍しいこと。
わたしも、お祝いの言葉と握手。

b0053082_3415661.jpg

ここに、日本人初のボキューズ・ドール、ブロンズを獲得したシェフが誕生しました。
そして、ここからが浜田シェフの新しいスタート。
さらなる高みを目指して、新しい挑戦がはじまりました。


おめでとうございます!
by naoko_terada | 2013-02-18 03:48 | トラベル | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://naoterada.exblog.jp/tb/20018763
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< ホテル好き、映画好きにうれしい... フランス ローヌ・アルプ グル... >>





woman.excite TOP Copyright © Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - 会社概要 - ヘルプ | BB.excite | Woman.excite | エキサイトホーム