ガルボトップへ Exciteホーム | Woman.excite | Garboトップ | Womanサイトマップ
いざ、ニッポンの島旅へ! プレシャス5月号 2012


b0053082_953485.jpg

最新のプレシャス5月号の旅特殊は、「心洗われる ― いざ、ニッポンの島旅へ」。

やわらかくなった日差しと、
まどろむ春の海のきらめきに誘われて、
上質なニッポンの島旅へ。

そんな思いにさせる特集に仕上がっています。


わたしはここで、大好きな伊豆大島についてコメントを!

島旅は憧れですが、
やはりアクセスに時間がかかるのもたしか。
あっけないほど近くにあり、
それでいて濃密な「島時間」を味わうことのできる伊豆大島は、
東京が誇っていい島旅の極意を味わわせてくれる場所。

もちろん、たっぷりと時間をかけての島旅もぜひ、体験したいものですが、
まずは、おサイフへの負担も少なく、
フラりと気軽に行ける伊豆大島へ。
おすすめは三原山周辺をズバ抜けた知識と伊豆大島の大自然への愛情を持った専任ガイドが案内するグローバルネイチャークラブのジオ&エコツアー。
三原山からのトレッキングは爽快そのもの。
天気がよければ伊豆半島や、富士山を望むことも。
今後は、星空観察ツアーも行うなど、伊豆大島のネイチャーアクティビティ度は驚きの充実度です。

そんな、伊豆大島のとっておきの楽しみ方は、この伊豆大島ナビで。


今回の企画の担当編集女子も、
わたしの話を聞いて、がぜん、伊豆大島に興味を持ったようで、
「記事ができたら、さっそく行ってきますっ!」

お薦めはフライ&クルーズ。
30分弱のフライトで空中遊覧気分を味わい、帰りは島への心残りを少し感じつつ、高速船で東京へ。


あ、こんな極楽・露天風呂のお楽しみも♪
こ~んなシアワセな島気分が、東京都心からわずか100キロのところにあるのです。
行かないわけにはいかないでしょ。


ということで、まずはプレシャス5月号で、島気分を味わってみてください!
by naoko_terada | 2012-04-07 10:23 | 掲載メディア | Trackback | Comments(1)
トラックバックURL : http://naoterada.exblog.jp/tb/18094434
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by エイミー at 2012-04-07 11:23 x
パーとしたいものですね
<< クマと外貨コイン バーダー必見映画!アメリカの大... >>





woman.excite TOP Copyright © Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - 会社概要 - ヘルプ | BB.excite | Woman.excite | エキサイトホーム