ガルボトップへ Exciteホーム | Woman.excite | Garboトップ | Womanサイトマップ
ミカンとリンゴが実らせたもの


80歳で旅だった叔父を見送った日。

出棺前、喪主の叔母が、こう、話出した。



わたしたちは会社で知り合いました。
おとうさんは九州生まれ、わたしは長野。

優しい人がいるなぁ、と思っていたある日。

「W(叔父の名前)さん、わたしは長野の寒い場所で育ったので、ミカンがなるところを見たことがありません」

そう、話しかけました。

そうすると、おとうさんが、

「Aさん、僕はリンゴがなるところを見たことがありません」


そうやっておつきあいが始まり、結婚しました。
とっても幸せで、3人のかわいい男の子に恵まれ、今では3人のかわいいお嫁さんに、4人の孫もいます。

2年半前、主人が倒れました。
その兆候になんで気づかなかったのだろうと、自責の念にかられます。

お医者さまには、病院で介護治療をするように言われましたが、
自分で設計して建てた家で、ぜひ介護をしたいと、自宅にひきとりました。
それからは「チームW」と呼んでいましたが、
子供たち、孫、周囲の人たちの献身的な協力もあり、ここまでがんばってくれました。

最後は大きく息をついて、
わたしの腕まくらの中、駆けつけた長男に見守られながら、静かにゆっくりと旅立ちました。

おとうさん、わたしも、もうちょっとでそっちに行きますが、
そのときはわたしを探してみつけてくださいね。

そして、また、おとうさんのお嫁さんにしてくださいね。


おとうさん、ありがとう。





ミカンの木がリンゴと再び、来世で出会えることを信じて。

心より合掌
by naoko_terada | 2011-12-14 03:31 | その他 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://naoterada.exblog.jp/tb/17326901
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by マナブ at 2011-12-15 07:14 x
「生まれ変わったらまた妻(夫)と結婚したい」と言う人を見るたび、ああこんな幸せ者はいないよなぁと思ってしまいます。ああ、朝から目頭が熱くなった。 
Commented by naoko_terada at 2011-12-15 23:39
マナブちゃん

ベターハーフという言葉があるけれど、もともと一心同体(のよう)なふたりが出会って添い遂げることの奇跡ですね。

マナブちゃんもこれからでも遅くないんじゃないの?
見つけてみてください♪
<< アンリ・ルルーのOne Box... Northern Exposu... >>





woman.excite TOP Copyright © Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - 会社概要 - ヘルプ | BB.excite | Woman.excite | エキサイトホーム