ガルボトップへ Exciteホーム | Woman.excite | Garboトップ | Womanサイトマップ
親の愛は海の深さ 映画 『海洋天堂』 本日公開



以前にも紹介しましたが、
ジェット・リーがノーギャラで出演を快諾し、本当にすばらしい演技を見せる『海洋天堂』
ついに、本日、銀座「シネスイッチ銀座」にて公開となりました。


配給会社のクレストインターナショナルのご担当者、Kさんは情熱と愛情を持って、この作品の公開実現までを奔走。その努力のおかげで、わたしたちはこんなすばらしい映画と出会う幸運を与えてもらうことができました。


男親ひとりで、自閉症の子供を育てる主人公。
純粋なまま成長していく子供と、病み、老いていく自分。

子供を置いて先立つのは親の宿命ですが、
ひとりで生きていけるのだろうか、
しあわせな人生を歩んでいけるだろうか。

親が子供を思う気持ちは、大海よりも深く、純粋です。


愛する人を失うことは、言葉にできない痛みであり、後悔とくやしさと憤りが絶え間なく訪れます。それでも、それを受け止めて生きていくのが残されたものの義務であり、掛け値なしの愛情を注いでくれた人への恩返しになるはず。

この映画は悲しく美しい物語ですが、希望も与えてくれます。


『海洋天堂』は、今後、全国の映画館で上映予定。
一部では、1組の売り上げにつき¥100を日本発達障害ネットワークを通じて、東日本大震災の被災地で困っている自閉症児及び発達障害を持つ人とその家族のために寄付する「チャリティペアチケット」も販売しています。



飛行機の機内で、そして試写会とすでに2回、観ていますが、
機会をみて、映画館へ行こうと思っています。
高校時代は映画研究会にいた、映画好きでもありました(笑)。
最近はなかなか映画館で観るということも少なくなりましたが、海外の映画と洋書がわたしの旅ジャーナリストとしての原点だと思っています。


『海洋天堂』、心からお薦めします。
by naoko_terada | 2011-07-09 15:38 | その他 | Trackback | Comments(10)
トラックバックURL : http://naoterada.exblog.jp/tb/15913505
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by miki3998 at 2011-07-09 15:43
私も見に行きますよ!
Commented by naoko_terada at 2011-07-09 16:21
miki3998サマ

わ~、嬉しいです♪ たっぷりご堪能ください。あ、シーツかバスタオルあたりを持参したほうがいいですよ。笑
Commented by 8moon21 at 2011-07-09 21:05 x
予告編ですでに涙してしまいまいた。
これは、本当にバスタオル必須のようですね。笑

ここ福岡では今月末から公開のようですので、忘れないように
カレンダーにチェックをいれた所です。

ちなみに、私の中で、彼はいつまでも“りー・リンチェイ”です。笑
Commented by yumi at 2011-07-10 13:34 x
初めてコメントさせていただきます。いつも美しい写真と興味深い内容を楽しませていただいています。

普段めったに映画館に足を運ばないのですが、海洋天堂は前回寺田さんがこちらで紹介してくださったときからとても気になって、公開を心待ちにしていました。

今、季節が夏になり、映画のタイトルがよりすがすがしい響きを与えてくれる気がします。

私の住む関西は来週公開のようなので楽しみです☆
Commented by naoko_terada at 2011-07-10 17:51
8moon21サマ

そう、バスタオル必携です。あと、外に出たときに腫れた目を隠すサングラスも(笑)。
福岡公開、楽しみですね♪
ジェット・リーはハリウッド映画ではその魅力がうまく引き出されなかったように思います。個人的には『ウォーロード/男たちの誓い』が好きですが、『海洋天堂』は彼の心根が演技にあらわれていると思いました。
Commented by naoko_terada at 2011-07-10 17:53
yumiサマ

はじめまして!
いつもご覧になっていただき、ありがとうございます。
嬉しいです♪
たしかにこの暑い夏には涼を感じるタイトルですね。映画にもふんだんにクールブルーな世界が登場しますので、どうぞ涼んでください(笑)。
関西は来週ですか。
また、ご感想をお聞かせくださ~い♪
Commented by ぴかりん at 2011-08-26 20:09 x
 初めまして! 私は小学生の3人の男の子を育てています。どっぷり家庭にいる身としては、このブログの写真は一服の清涼剤のように、いつも楽しませて頂いてます。
 さて昨日、見てきました。シネスイッチ銀座で。もう涙、涙、涙・・。ジェット・リーという人を全く知らなかったのですが、彼の笑顔が心に焼き付きました。後から調べたら、有名なアクション俳優さんなんですね。
 次男には発達障害があります。それゆえに興味を持って見に行ったのですが、画面の中の彼の姿(静謐でした)を思い出しながら、これからも子育ての道を歩いて行こうと思いました。
 素敵な出会いを本当にありがとうございました!
Commented by naoko_terada at 2011-08-27 01:57
ぴかりんサマ

はじめまして!
コメントありがとうございます。
こちらこそ、このような嬉しいコメントをいただき、本当にありがたいです。
過激なアクションを得意とするジェット・リーを知っている人は彼のまさに静謐という言葉がぴったりのおさえた演技に驚いたはず。
ひそやかだけれど、ときおり見せる笑顔が本当に慈愛にみちて優しいですよね。
忙しい日々におわれてしまうと、見失ってしまうこともあるかもしれませんが、一生懸命にがんばる姿は絶対におこさんたちに伝わっているはずです。
「平凡にして偉大なる すべての父と母へ―。」

映画の、このメッセージがすべてを語っていると思います。

こちらこそ、本当にありがとうございます。

明るく、元気にがんばってくださいね!
Commented by iwa at 2012-01-05 14:53 x
あのジェットリーがこのような映画に出てることをしりませんでした。
昨年封切られたようですね。海に例える親の愛の深さは良くできた例えだといつも感動します。是非この映画を見てみたいです。DVDなど出てるのか調べてみます。
Commented by naoko_terada at 2012-01-06 11:57
iwaサマ

これは昨年、静かに人気が出た映画でした。良作です。
DVDは出るようなことを耳にしています。
ぜひ、ご覧になれるチャンスがあればいいですね!
<< VOGUE 8月号 「驚きのあ... 東北支援のためのムック 「美し... >>





woman.excite TOP Copyright © Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - 会社概要 - ヘルプ | BB.excite | Woman.excite | エキサイトホーム