ガルボトップへ Exciteホーム | Woman.excite | Garboトップ | Womanサイトマップ
ペナンに来たらやっぱり、ガーニー・ドライヴ


b0053082_138643.jpg

アジアに来たら、やはりハズせないのが屋台。
ペナンといえば、ジョージタウンの近く
ガーニー・ドライヴと呼ばれる屋台街が有名です。


我々も取材を終えてホテルに戻る前に、ガイドさんに頼んで寄ってもらう。
車を止めて屋台街に入ると、
ワンッという活気とローカルの人たちの熱気に包まれる。
このシズル感がたまりません。

ナンバーの付いているテーブルを決めたら、
さっそくオーダーに。
観光客も多いので英語でメニューが表示されているものが多い。
中華、マレー、タイ。
それにハンバーガーやアイスクリームなども。
ガラスケースに入っている食材や、調理法を眺め、
どこが人気があるのかチェックしつつ、何品か注文。
どこも写真入りのメニューが貼ってあるので、
それを指さしすればOK!
テーブルの番号を告げれば、できあがりをちゃんと持ってきてくれるから優秀。

b0053082_1463082.jpg

まずやってきたのが、鉄板仕上げのあんかけ麺。
わたしとカメラマンというチーム日本がオーダーしたものの、
残念ながら味はいまひとつ。

b0053082_1464794.jpg

こちらは今回のロケ車を運転するドライバー氏のチョイス。
普通のサテですが、これはめちゃくちゃ美味しい。
炭火焼きらしく小ぶりの肉と、ピーナッツソースの甘辛さがちょうどいい。

さすが、地元!

お値段は10本で6リンギット(約150円)。
ビールが欲しくなるお味です。
もちろんすかさず注文。
テーブル周辺にバド・ガール的なおねえさんたちが待機していて、
瞬速で冷えたグラスとビールをテーブルに置いてくれます。
マレーシアはタイガー・ビールですね。

b0053082_1465894.jpg

そして、これはガイドさんのオーダー。
マレーシア名物のロジャック。
甘く、どろりとしたタレと、その上には砕いたピーナッツがたっぷり。
中身は野菜と、なんと干したイカのスライスが。

これは正直、ちょっと苦手。
中にまぜるものは野菜や果物など、いろいろらしいのですが、
イカはちょっと。。。

b0053082_147874.jpg

最後はグルメな我がドライバー氏が頼んだ福建蝦麺。

これがもう、エビの濃厚なダシが効いていて美味しいのなんのって。
あまりの美味しさに写真撮るのも忘れてます。
小ぶりのお椀に入ってくるので、お代りする人も。
お値段は1杯3リンギット(約75円)。

こんな美味しいものたちが、わずか100円前後で味わえるシアワセ。
これこそ、アジアごはんの醍醐味。


一日の取材が無事、終わった我々は大いにリラックス。
まとわりつく熱帯の空気の中、
鼻水をすすりながら熱い麺をほおばり、
クイッと冷えたビールをのどに流し込む瞬間の快感にただただ、没頭するのでした。
by naoko_terada | 2009-11-25 02:20 | トラベル | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://naoterada.exblog.jp/tb/12390839
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by carambola at 2009-11-28 13:06
あんかけ麺,見た感じはすごく美味しそうですけどね~(^_^;)
福建蝦麺,食べた事無いのですが
海老の出汁がきいているのなら相当美味しいはず!
いつも思うのですが,ホタテ出汁粉末はあっても
海老や蟹って無いじゃないですか~.
海老味噌や蟹味噌の出汁粉末,あったらめっちゃ重宝するのなぁ~.
Commented by naoko_terada at 2009-11-30 16:01
鯔サン

そうなのです。
美味しそうだったし、値段も高めだったので期待したのですが。。。
やはりローカルの方の知識にはかないません。

蝦麺、え~、食べたことないのですかぁ?
意外。
実は多国籍なオーストラリア・シドニーにも美味しい店があるのですが、
なぜかそこもマレーシア料理の店なのですよね。

美味しいですよー。
ああ、また食べたい。
<< twitter、デビューです! ペナン 麗しのブルー・マンションへ >>





woman.excite TOP Copyright © Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - 会社概要 - ヘルプ | BB.excite | Woman.excite | エキサイトホーム